平成懐かし写真《特別版》西公園の市民プール

SNSフォローボタン

フォローする

平成時代に撮影した写真を紹介する「平成懐かし写真」の特別版として、ひとつの事柄に焦点を当てて見ていきます。


今回は西公園西側の崖の下にあった仙台市民プールです。

2006年(平成18年)9月撮影

仲ノ瀬橋の南東側にある下り坂を降りて行くと市民プールがありました。競技用のプールのほかに子供向けの小さいプールや飛び込み台などもありましたよね。競技用プールには観客席も設けられていました。

2006年(平成18年)11月撮影

地下鉄東西線が西公園の地下を通ることになり、唯一の地上部分の線路が市民プールの場所を通るということで2006年に閉鎖されました。

2008年(平成20年)6月撮影

2008年には解体工事が始まりました。奥の方に解体作業中の重機が見えます。

2020年(令和2年)4月撮影

地下鉄東西線は2015年12月に開通、市民プール跡地を横切るように地下鉄の高架が設置されました。それ以外の部分は現在のところ全く利用されていないようですが、仙台市が建設を表明している音楽ホールの候補地のひとつということで、今後の活用法に注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする