平成懐かし写真・SS30から見た南側の風景・2001(平成13年)10月撮影

SNSフォローボタン

フォローする

令和元年を記念して、平成時代に撮影した写真と令和元年の現在を比較しながら、仙台の街並みの変化を見て行く「仙台・平成懐かし写真」です。


今回は前回に続いて、東二番丁通と北目町通の交差点、北東角に立つ高層ビル「SS30」の30階展望ホールから見た南側の風景です。

2001年(平成13年)10月撮影

南側の風景です。左側には東北新幹線が手前から奥に続いています。右側の道路は東二番丁通です。

2019年(令和元年)10月撮影

2001年以降、SS30の南側には30階前後の高層マンションが次々に建設されて、高層マンションの密集地帯になりました。写真中央は「シティタワー仙台五橋」、左側には「アップルタワーズ仙台ブローディアタワー」「パークハウス仙台五橋タワー」などが見えますが、写真に写っていない隣接する場所にも「ミッドプレイス仙台タワー&レジデンス」「ザ・レジデンス一番町」などが立っています。また、宮城県警仙台中央署が移転してきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする