平成懐かし写真・AERのクリスマスツリー・2003(平成15年)11月撮影

SNSフォローボタン

フォローする

令和元年を記念して、平成時代に撮影した写真と令和元年の現在を比較しながら、仙台の街並みの変化を見て行く「仙台・平成懐かし写真」です。


今回は仙台駅前の高層ビル「AER(アエル)」のクリスマスツリーです。

2003年(平成15年)11月撮影

ペデストリアンデッキからアエルの2階アトリウムへと入るエントランス前に大きなクリスマスツリーが飾られていました。

2019年(令和元年)11月撮影

2階のエントランス前にクリスマスツリーが飾られなくなってから何年経ったでしょうか。その後、アトリウムの中に大きなツリーが飾られたりしましたが、数年前からアトリウムの巨大なガラス一面にイルミネーションが施されるようになりました。


2003年(平成15年)11月撮影

クリスマスツリーの横には、2頭のトナカイのイルミネーションが飾られています。

2019年(令和元年)11月撮影

現在のイルミネーションは、シンプルながら迫力がありますね。所々に雪の結晶が白く輝いています。


2001年(平成15年)11月撮影

クリスマスツリーの背後に見えるビルは仙台駅前の北側に立つ「第一ビル」です。

2019年(令和元年)11月撮影

第一ビルは「仙台マークワン」に建て替えられました。低層棟には「仙台パルコ」が入っていて、仙台駅北側の景観がガラっと変わりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする