平成懐かし写真《特別版》解体が始まった仙台東宝劇場・2006年(平成18年)撮影

SNSフォローボタン

フォローする

平成時代に撮影した写真を紹介する「平成懐かし写真」の特別版として、ひとつの事柄に焦点を当てて見ていきます。


今回は建て替えのための解体工事が始まったばかりの時の仙台東宝劇場です。

2006年(平成18年)撮影

仙台東宝劇場は1963年(昭和38年)に完成した建物で、上の階に映画館があり、下の階にはテナントが入居していました。昔は1階に地元の本屋の高山書店の駅前店が入っていましたが、解体される直前にはドコモショップに代わっていましたね。撮影した時には一番上のパナソニックのネオン看板は撤去されていて、2階部分まで防護パネルに覆われていました。仙台東宝劇場が解体されたため、2016年に仙台パルコ2にTOHOシネマズがオープンするまでの約10年間、中心部に大手の映画館がない状態が続きました。跡地にはリッチモンドホテルが入る仙台東宝ビルが建てられました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする