平成懐かし写真・東二番丁交番前から見たSS30・2001(平成13年)10月撮影

SNSフォローボタン

フォローする

令和元年を記念して、平成時代に撮影した写真と令和元年の現在を比較しながら、仙台の街並みの変化を見て行く「仙台・平成懐かし写真」です。


今回は東二番丁通と青葉通の交差点、南西側にある「東二番丁交番」の前から見た高層ビル「SS30」です。

2001年(平成13年)10月撮影

左側には「仙台ハリストス正教会」の建物が見えます。南町通との交差点に立つビルの上には「アデランス」の看板が目立っています。

2019年(令和元年)9月撮影

街路樹が大きく育って、左側に見えていた教会の大きな屋根が隠れて見えなくなりました。「富士通ゼネラル」の看板は「県民共済」に変わり、その南側にあった2棟のビルは解体されて駐車場になりました。SS30の特徴だったアンテナ上部の尖塔部分は2011年の東日本大震災で倒壊して撤去されてしまいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. こたけ より:

    SS30のアンテナ。あるとないとでは全然ちがいますよね…できればつけて欲しいです。

  2. cooyan より:

    SS30の尖塔部分は見た目だけでも元通りに復元して欲しいですよね・・・