平成懐かし写真・JR仙台駅東口駅前・2004年(平成16年)撮影

SNSフォローボタン

フォローする

平成時代に撮影した写真と令和の現在を比較しながら、仙台の街並みの変化を見て行く「仙台・平成懐かし写真」です。


今回は、JR仙台駅東口の駅前です。

2004年(平成16年)撮影

東口の駅前には、モータウンカフェとライブハウスのZepp Sendaiが並んでいました。

2021年(令和3年)撮影

東口駅前には、ホテルメトロポリタン仙台イーストと仙台イーストゲートビルが建設されて、新しいビル2棟が立ち並ぶことになりました。


2004年(平成16年)撮影

少し角度を変えてアップで撮影。東口駅前の商業施設「E-GATE」のメインテナントとして入居していたモータウンカフェは、大きなマイク型の看板が目立っていましたが、2005年7月に撤退、マイク型の看板は撤去されて、その後はゲームセンターや飲食店が営業をしていました。Zeep Sendaiは、東日本大震災の後も営業を続けていましたが、2012年7月に営業を終了しました。2004年は、まだ両方とも営業中でしたね。

2021年(令和3年)撮影

今年2月に、仙台イーストゲートが開業して東口駅前が大きく変わりました。


2005年(平成17年)撮影

1年後の2005年5月に撮影した仙台駅東口の風景です。7月に閉店するモータウンカフェが、まだありますね。

2021年(令和3年)撮影

撮影した季節が違うので街路樹の葉がありませんが、それ以上に街並みの変化が激しくて、東口にも大きなビルが立ち並ぶようになりました。この先どのような変化があるのか、目が離せませんね。