平成懐かし写真《特別版》オープンしたての色鮮やかな「さくら野百貨店」2003年3月撮影

SNSフォローボタン

フォローする

平成時代に撮影した写真を紹介する「平成懐かし写真」の特別版として、ひとつの事柄に焦点を当てて見ていきます。


今回は、オープンしたばかりの「さくら野百貨店」です。

2003年(平成15年)3月撮影

仙台ビブレから、さくら野百貨店という名前に変わってオープンしたばかりの頃のさくら野百貨店です。初めて聞いたその名前は、不思議さと新鮮さを感じましたが、今までよりも良くなりそうという期待感もあったので、まさか、わずか14年ほどで突然閉店することになろうとは思いもしませんでした。青空に映える濃いピンク色の看板は、閉店した時には、すっかり色褪せていて余計に悲しみを感じさせました。ここには2棟の高層ビルと商業施設が2027年の完成を目指して建設される計画が発表されたので、丸光時代から使われていたこのビルとも、いよいよお別れの時が近づいて来たようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする