平成懐かし写真・仙台城址から見た花京院~県庁方面・2002(平成14年)3月撮影

SNSフォローボタン

フォローする

平成時代に撮影した写真と令和の現在を比較しながら、仙台の街並みの変化を見て行く「仙台・平成懐かし写真」です。


前回、前々回に続いて青葉山の仙台城址から見た風景です。今回は花京院方面と県庁方面の風景です。

《花京院方面》
2002年(平成14年)3月撮影

右端から、花京院スクエア、東北電力本店ビル(エナジースクエア)、タワービルの3棟が目立っています。

2020年(令和2年)3月撮影

画面中央の手前には2006年に建設された高層マンション、ライオンズタワー仙台大手町が目立っています。左側の手前には現在建設中の新しいマンション、ザ・レーベン仙台大手町の建設現場が見えます。


《県庁方面》
2002年(平成14年)3月撮影

宮城県庁方面です。画面中央奥に宮城県庁が立っています。左側の下の方には西公園にあった仙台市天文台のプラネタリウムの白いドーム屋根が見えます。

2020年(令和2年)3月撮影

宮城県庁の背後に、2004年にドコモ東北の高層ビルが完成しました。県庁の右側には仙台合同庁舎B棟が2015年に完成、写真左端の高層マンション、ザ・ライオンズ定禅寺タワーは2012年に完成しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする